鼎泰豊(ディンタイフォン) の小籠包に満足

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 鼎泰豊(ディンタイフォン) の小籠包に満足
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

写真

日本にもお店がある鼎泰豊(ディンタイフォン)の本店へ。ここは点心の蒸し物がおいしいお店なのです。特に小籠包が有名。観光ガイドのOさんもツアーの途中で自腹で食べちゃうくらい。飽きがこない味みたい。蒸してるのが外からも見える。そして、外にはおいしい点心を食べたい人の行列ができている。

写真

お店のインテリアはファーストフード風。でも、点心ってファーストフードだよね。

写真

テーブルもファーストフード風。近所のミスタードーナツかと思えるくらい。

写真

スープ。まあ、特に書くことがないような味。それなりにおいしいんだけど。

写真

小籠包です。飾りっけないね。でも、これを噛むとなかからオイシイ肉汁がジュワーっと出てくるのよ。

写真

写真は点心を浸して食べるタレ。小皿にたっぷりの生姜が入っていて、そこにおしょうゆ風のものと、お酢風のものを入れたもの。このタレが味の秘密ではないかと思ったな。

写真

小籠包をタレに浸して食べると、肉の甘みと生姜の爽やかさが口いっぱいに広がるの。生姜がいいんだよね。あっさりして。
 これ食えただけでも、台湾に来てよかったと思ってしまいましたよ。

写真

蒸し餃子。これもなかなか。

写真

蒸し餃子。ネットって味が伝わらないのが残念だよ。

写真

蒸しシュウマイ。そろそろおなかがいっぱいになってきたかな。

写真

炒飯。米はジャポニカ種ではなかったかな。私の場合、米は別腹なのでペロリとたいらげたけど、ちょっと塩が薄く感じましたね。

写真

餡の蒸し饅頭。最後はこれとお茶でしめる。
 実は、中華とかそれほど好きじゃないんです。
 でも、かみさんが中華・台湾料理好きだから、そういう店に行く機会が多いんですよね。この Blog は中華っぽいネタ多いです、ハイ。



This entry was posted in 台湾旅行. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です