対人ストレスの多いヒーロー 「帰ってきたウルトラマン 」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 対人ストレスの多いヒーロー 「帰ってきたウルトラマン 」
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

帰ってきたウルトラマン 全13巻セット
帰ってきたウルトラマン 全13巻セット

 弾ぜる意識。世界は反転する。
 闇は光となる。白光が見える。それだけを信じる。
 光に染まった身体が銀色に輝きはじめる。
 私は私でなくなる。彼もまた彼でなくなる。
 雄叫びをあげ我らは一人となり、自らの裡に染み込んだ死を放射した。

 旧オンラインクリップボード>銀色の巨人より改変(つっても自分の文章だけども)。

「帰ってきたウルトラマン」はカタルシスが少ない重いドラマが多かったように思う。
 自由にウルトラマンに変身できない主人公=郷秀樹はEDを想起させたりもする。
 主人公が勤務する組織=MAT(モンスター・アタック・チーム)内での軋轢は、リアル志向といわれるウルトラセブンがお気楽に思えるほど。
 もう一度、見たい。できれば、買いたい。


This entry was posted in メディア生活. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です