エリシオンの競合はアルファード、エルグランドではないかもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エリシオンの競合はアルファード、エルグランドではないかもしれない
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

livedoor 自動車 トピックス 試乗レポート

小沢コージ ホンダ『エリシオン』 見事な“アンチデカいツラ”戦略!

にトラックバック。


 以前、私は「エリシオンはもっとデカい面していい」という記事をこの Blog に投稿している。内容は

トヨタの「アルファード」や日産「エルグランド」と競合するであろうエリシオンはもうちょっとデカい面(つら)してもいいんじゃないかという気がする。

というもの。
 しかし、最近、エリシオンはエスティマと競合するクルマなのではないかと思い始めている。
 エクステリア、インテリアにプレミアム感を出し、アルファードやエルグランドと競合するように思える(競合させている)エリシオンだが、車高、排気量、価格ともにアルファード、エルグランドよりエスティマに近い。
「当社ミニバンのフラッグシップなり!!」とでかい面(つら)するためには、もう1つ上の車格が必要なのかもしれない。逆に言うと、エスティマクラスなのにでかい面(つら)では嫌われる可能性が高い。ゆったりファミリーで乗るクルマにイカツさは必要ない。
 クラスを超えた高級感と性能を持ったクルマとしてエリシオンを見直しはじめている。
 いいじゃん、エリシオン。


This entry was posted in クルマ全般. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です