巨石文明の謎を暴け!(島根県 宍道町)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 巨石文明の謎を暴け!(島根県 宍道町)
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 島根にて「幻の巨石文明」を発見したので、写真を中心にして報告する。

P1000022.JPG まず、我々の前に出現したのは天を突くオベリスクだった。

P1000054.JPG 次に発見したのが文字とおぼしきものが刻まれた岩山である。残念ながら蔦が伸びていてなんと書かれているか判読はできなかった。

P1000053.JPG 我々は岩山にトンネルをみつけた。洞穴ではなく、明らかに人工的なものである。

P1000024.JPG トンネルのなかは暗かった。我々の先には何が待っているのであろうか。

P1000048.JPG 歩き続けると出口の光が見えてきた。

P1000041.JPGそして、庭園のような広場に出たのである。
 明らかに人の手が入ったとおぼしき岩の壁。

P1000037.JPG 岩壁の一部には樹木が生い茂ろうとしている。

P1000039.JPG 古代の宗教施設か? 謎は深まるばかりだ。
 そして、振り返った我々はついにこの巨石文明の真実に出会ったのである!


P1000040.JPG これが真実だ!

P1000046.JPG ここはモニュメント・ミュージアム「来待ストーン」であった。

 「来待ストーン」って奥まったところにあって分かりにくい。でも、(いろんな意味で)面白い場所だと思うんで、近くへ行かれた際は立ち寄ったらいいんじゃないかと思う。
 東京近辺でたとえるなら、多摩センターの偽パルテノン神殿(正式な名前を知らない)みたいな雰囲気かな。ちょっとバカバカしいけど凄いって感じ。


This entry was posted in クルマ(ランクス). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です