疾走するランクス君&夜は焼肉をご馳走になった

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 疾走するランクス君&夜は焼肉をご馳走になった
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

疾走するランクス君(合成写真)
 ランクス君の定期点検の後、パスポートを作りに行ったが戸籍抄本がないことに気づき、松江市役所へ。しかし、私の本籍地は松江市にはなく隣の平田市にあった。お間抜け2連発。
 なんとか今日中に戸籍抄本をとりたいと思って、大急ぎで平田市に向かう。妻もいっしょに行きたいと言うので、後部座席(最近、後部座席がお気に入りらしい)に乗せていった。
 市役所の手続きが終わる5時に間に合うように、空いた農道を疾走。点検が終わったばかりのランクス君だから安心してアクセルもブレーキも踏める。積極的な運転をしていると後部座席から妻の声。
「気持ち悪い」
 農道は曲がりくねっているうえ、アップダウンが激しいから、車酔いしたらしい。
 まっすぐな湖北線(国道431号線)に出て、後は他のクルマの流れに従った。
 市役所に着いたのは午後4時50分。戸籍抄本はすぐに入手できた。
 妻の気分がすぐれないので、平田の実家に寄らせてもらって、一休み――のはずが、長居して夕ご飯をごちそうになってしまう。しかも、「せっかく松江のおっちゃんとおばちゃん来たから」と焼肉。おいしゅうございました。
 またしても私はビールを飲んでしまい、帰りは妻に運転してもらった。行きの「車酔い」の恨みを晴らすように妻の運転は怖かった。最近、夜に運転してもらっていないから夜間走行が下手になってるんだろうな。
 なお、帰りに宍道湖のほとりで月を見た。湖面を照らす月影はいつ見てもきれいだ。


This entry was posted in クルマ(ランクス). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です