【カローラ・ランクス ユーザによる評価】ニッサンのTIIDA (ティーダ)試乗

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【カローラ・ランクス ユーザによる評価】ニッサンのTIIDA (ティーダ)試乗
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 10代目カローラを待ちながら、現行カローラのランクスと競合するであろうクルマを見に行きました。
 今日は雨。ニッサンのTIIDA (ティーダ)を試乗。レポートをアップします。
 長文になりましたので見出しを用意しています。

■ランクス(RUNX)と比べて羨ましい装備があるか→オートライトが標準

 ニッサン車ではマーチクラスから標準化されているオートライト。残念ながらランクス(RUNX)ではXに標準装備されていません(G Edition 以上にはついてます)。悔しい。そして羨ましい…。

■エンジンや足回りはどうか→スポーティーではない

 残念ながら雨天につき積極的な運転ができなかったため運動性能についてはいまひとつわかりませんでした。
 新開発のオールアルミエンジンは低速回転では静かでしたが、最近のクルマはみんなアイドリング付近のエンジン音が静かですからなんともいえません。
 ただし、加速はカローラランクス(RUNX)1.5と似たダルさがあるような気がしました。スポーティーな味付けはされていないようです(ランクスと同じく1.8がスポーティーになんでしょうか)。

■インテリアは本当に上質か→サニー後継としては上質?

 競合するであろうカローラランクス(RUNX)後期型と比べて、特別に上質とは思えませんでした。チリ合わせが凄いとか言われても最近のトヨタ車は最小のパッソからチリ合わせ凄いですから。
 ニッサンのサニー後継としては上質なんでしょうか?

■ドアはどれぐらい開くか→乗降や荷物を積むのに問題なし

TIIDA(ティーダ)のドア開口
 写真をご覧ください。これぐらい開けば問題ないと思いました。

■ラゲッジルームに工夫はあるか→ダブルフォールディングしないのでそれほど積めない

ラゲッジ・ルームは想像していたほど広くなかったです。
TIIDA(ティーダ)のラゲッジはダブルフォールディングしない後席が難かも
マツダのデミオ(リンク先はcarview)と同じく後部座席がスライドしてラゲッジルームを広くとるか、後のレッグルームを広くするか調整できますが、デミオと違い後席のダブルフォールディング機能がないため、座面が邪魔になり大きな荷物は積みにくい構造です。

 参考として、デミオとティーダ(TIIDA)のラゲッジルームの写真へのリンクを下記しておきます。
デミオのラゲッジルーム(リンク先はcarview)
●ティーダ(TIIDA)のラゲッジ・ルーム(リンク先はティーダ(TIIDA)のオフィシャルサイト)
 後席の座面の体積分だけ、ティーダ(TIIDA)が不利です。
 また、真っ向から競合するであろうカローラランクス(RUNX)のラゲッジルームは後席スライドこそしませんが、ダブルフォールディングするため、平たく大きな荷室として使えるというメリットがあり、積載の便利さではティーダ(TIIDA)に負けてはいません。後出しジャンケンなんだから、ティーダ(TIIDA)にはもっと工夫が欲しかったです。
 参考として2つのリンクを書いておきます。
●カローラランクス ユーティリティ・居住性(リンク先は公式サイト)
●RUNXは荷物も積める(リンク先はこのBlog の記事)

■結論 ティーダ(TIIDA)はお薦めか→ベリーサよりは…

 結論としてティーダ(TIIDA)はランクス(RUNX)から乗り換えるほど魅力的なクルマではないがランクス(RUNX)と十分戦える(おそらく勝つこともある)クルマです。コンセプトが近いマツダのベリーサよりはティーダ(TIIDA)をお薦めします。
 でも、ランクスも忘れないでね…。


This entry was posted in クルマ全般. Bookmark the permalink.

0 Responses to 【カローラ・ランクス ユーザによる評価】ニッサンのTIIDA (ティーダ)試乗

  1. takuma says:

    ブルーが展示されていたんですね。
    今日、また駅行くまでに見ていったらブルーステージに赤が、レッドステージにシルバーが置いてありましたよ。

  2.  展示車の色は全国共通ではないみたいですね。ちなみに僕が見に行ったのは島根県のレッドステージです。

  3. どもです!トラバサンクスです。
    私がショールームで見たのは、例のカタログカラー、薄い黄色というかグリーン(ハーベストイエローメタリックというらしい)の車両でした。
    試乗は出来ず座ってみただけでしたが、たっぷりした椅子と明るい内装色が印象的でした。
    とはいえ品質的にはトヨタには及ばないですね。やっぱ。
    ただ、ハッチバック車、イコールスポーティ、イコール黒内装!というのが定番(マーチなどのリッタークラスは除く)な中、この感じは市場ではどのような評価になるのか、興味深いところです。

  4. >ただ、ハッチバック車、イコールスポーティ、イコール黒内装!というのが定番(マーチなどのリッタークラスは除く)な中、この感じは市場ではどのような評価になるのか、興味深いところです。
     ランクスとかはモロ、定番ですな。でも、そうでないとミニバンなどと差別化が図りにくい気もいたします。
     ベリーサは内装が本当に上質。でも、スタイリングが好みでないのと、「ベリーサ買うなら、デミオ買え!」と思うのでティーダをお薦めというしだい。
     ちなみにコンパクトなハッチバックで一番好きなのはフォードのフィエスタだったりします(あれ、ランクスの立場は…)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です