【10代目カローラを待ちながら】New ヴィッツ(Vitz)たちとの差別化は

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【10代目カローラを待ちながら】New ヴィッツ(Vitz)たちとの差別化は
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 次期トヨタカローラ(リンク先はPowered by NCV -TOYOTA NCV series community site- 内)を読みました。
 まだ、「?というウワサ」というレベルでしょうが、なかなか面白いですね。
 2005年1月にヴィッツ(Vitz)がフルモデルチェンジし、排気量、1.0、1.3、1.5のエンジンが搭載され、さらには2006年前半に1.8が出るという話があります。その半年後、2004年6月にはヴィッツベースの「ファンカーゴ(FunCargo)後継車」と新しい「プラッツ(Plats)」が発売される予定だそうです(ソースはベストカー2004.12.10号)。
 ヴィッツベースのクルマとカローラのヴァリエーションのキャラクタがかぶったりしないかと思っていましたが、カローラがより大きくなるなら差別化はできそうに思います。
 ただし、3ナンバーになったら販売台数はどうなるんだろうか、というのが気になるところです。
 僕は当分ランクス(RUNX)を乗り続けますが、10代目カローラ(あるいはカローラ後継??)に関する情報は追っていくつもりです。
 ではまた。


This entry was posted in クルマ(ランクス). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です