「モノより思い出」と「(モノ)+(思い出)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「モノより思い出」と「(モノ)+(思い出)」
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 このアイテム(投稿)はアイディアメモです。
 日産 セレナの名コピー「モノより思い出」に「自動車だってモノやんけ!」とツッコミ入れたかった時期もある mishimax です。
「ステーキを売るなジュージューと焼く音を売れ」と書いた「ホイラーの法則―ステーキを売るなシズルを売れ!」の出版は1937年と大昔。「お客さんはドリルがほしいんじゃない、穴がほしいんだ!」とマーケティング関連のセミナーで必ずのように語られてもいますので、いまさら、ツッコミいれても仕方のないことなんですが。というか、正直、ツッコミどころ間違っているわけですが。
 いやはや、モノだけではホント、売れない時代になりましたね。モノ、説明書(ドキュメント)、サポート、そのうえ商品をとりまく薀蓄(物語=ストーリー)まで揃ってないとヒットしない世のなかになりました。
 しかし、あえて言いたいのです。「大切なのはモノだ!」って瞬間、状態もあると。
 たとえば、昨日、障害が発生していることを投稿したかみさんのパソコンのUSBです。パソコンメーカーのサポートに電話して半日、トラブルシューティングを行いましたが、結局、障害は解消しませんでした――修理依頼するとき、ふと思ったんです。購入金額のどれぐらいがドキュメントやサポートの代金なんだろうかと。ほとんどモノ以外の金額ではなかろうかと――その瞬間、「やっぱり大切なのはモノだ!」と思いました。
 そして、次の瞬間、湧き上がったのが「当初は本体のみの販売。ドキュメントは有料。サポートはその都度有償」というカタチでもパソコンビジネスが成り立つのではないかというアイディアでした。
 ドキュメントやサポートって、ヘビーユーザとそうでないユーザの差が激しいと考えられるので、選択肢のひとつとしてあっていいように思うんです。どうでしょうか。
「モノより思い出」方式で、モノ以外のものも含んで買わされるのと、「(モノ)+(思い出)」方式ではどちらが満足度が高いでしょう。


This entry was posted in ビジネス. Bookmark the permalink.

0 Responses to 「モノより思い出」と「(モノ)+(思い出)」

  1. 大西 宏 says:

    こんばんは。DellのノートPCは、IBMのThinkPadに似せておりますが、手触りとか、キータッチとか、音質もかなり違います。
    モノが伝えてくれる心地よさも大切な価値かと思います。
    そういえば、読みもしないマニュアルは不要ですね。マニュアルといえば、マイクロソフトの人たちって、きっと日本語を知らないんだろうなっていつも思います。

  2.  ThinkPadは質感よいですよね。あの質感がレノボ(聯想)に引き継がれるかちょっと心配です。価格競争に巻き込まれると実現できない品質かと思いますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です