参詣 最上稲荷(岡山県岡山市)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 参詣 最上稲荷(岡山県岡山市)
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 2005年1月2日、最上稲荷(岡山県岡山市)へ行ってきました。
 というより、父母がクルマで行くのに夫婦で便乗させてもらいました。父の車(マークツー)で父の運転です。島根県平田市より宍道インターから山陰道に乗り、米子道、中国自動車道と高速を乗り継いで往路・復路ともにそれぞれ4時間半かかりました。
 お稲荷さんなのに坊さんたちが「南無妙法蓮華経」と唱えているのに違和感を感じて、ちょっと調べたところ、最上稲荷は「神仏習合」の祭祀形態とのことでした。正式名称を最上稲荷教総本山妙教寺というそうです。ソースはここ。
本堂(本殿か?)
本堂。本殿かもしれません。微妙です。
インド風の山門
山門はインド風でした。ガンダーラな気分?
 ひとの運転だとかえって疲れます。父親、昔は運転上手だったんですけど、最近、歳のせいか判断が遅くなってきているような気がしました。車線減のときとかブレーキがやや遅かったような。
 ま、そういうことが分かったのも含めて、意義深い旅でした。


This entry was posted in クルマ(ランクス). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です