パレートの法則

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - パレートの法則
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した所得分布の経験則。
もともとは、全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占めるという法則です。
 所得分布以外にも2:8に分けられるものは多いといわれ、パレートの法則は「2:8の法則」とも呼ばれて広く適応されています
 たとえば、

  • すべての商品の20%が80%の売上を作る
  • すべてのお客さんの20%(の上得意)が全体売上の80%を占める
  • すべての仕事の20%をこなせば、80%の売上が達成できる
  • すべてのサイトのうち上位20%が80%のアクセスを占める

 近年、さかんに言われる言われるようになって、いささか耳タコな「選択と集中」もパレートの法則の応用として語られたりします。
 しかし、「選択と集中」したところで、やっぱり8割は効率が悪くなることには注意が必要だと思います。無駄が多いと思える8割があるからこそ、効率のよい2割が存在できたりするからです。


This entry was posted in ビジネス. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です